阿蘇小国杉のくらし

阿蘇小国杉のくらし

メニューを開くメニューを閉じる

小国杉エッセンシャルオイル

  • HOME
  • 小国杉エッセンシャルオイル

森の爽やかさが香る、小国杉100%の天然オイル

柑橘系を思わせる甘酸っぱい香りとウッディで爽やかな香りをあわせ持つ100%天然の小国杉エッセンシャルオイル

小国杉エッセンシャルオイル

  • 学名:Cyptomeria japonica
  • 科名:スギ科
  • 抽出部位:葉・枝
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法
  • 主な成分:モノテルペン類、a-ピネン、サビネン、リモネン、テルピネン4オールなど
  • 主な効能:リラックス効果、抗菌、消臭効果が期待されています。

成分分析表

小国杉エッセンシャルオイルが持つ”力”

小国杉エッセンシャルオイルが持つ力 実験1

小国杉精油(エッセンシャルオイル)にはどんな力があるのか、九州大学にて調査しました。

小国杉精油にはどんな菌に影響を与えるのか実験しました。
結果、小国杉精油には黄色ブドウ球菌への抗菌効果が認められました。
※黄色ブドウ球菌:ニキビやアトピー性皮膚炎の原因菌ともいわれています。

黄色ブドウ球菌への抗菌効果

同じ培地で、小国杉精油成分がある環境とない環境で培養し、その後どう変化するのか調べました。

黄色ブドウ球菌への抗菌効果

小国杉エッセンシャルオイルが持つ力 実験1

小国杉の香りがヒトの体にどんな影響をもたらすのか検証しました。

男女11人を対象に限られた空間の中で、小国杉の香りを嗅ぎ、自律神経活動、唾液、血圧、脈拍など様々な角度から科学的に調べました。

小国杉の香り ヒト実験方法

結果、小国杉の精油には、課題への取り組みに影響がなく、リラックス効果が期待されることがわかりました。
仕事中疲れたときやリフレッシュしたいときに小国杉精油の香りをかぐことで、仕事効率アップにつながるかもしれません!日常に小国杉の香りを取り入れてみてはいかがでしょうか。

詳細データはこちら(PDF:九州大学データ)

小国杉の香り ヒト実験結果

小国杉エッセンシャルオイルの使い方

基本の使い方

小国杉エッセンシャルオイルの使い方

アロマランプ、アロマ加湿器、ディフューザー、アロマウォーマーなどを使用し、お部屋に香らせます。

ディフューザーをお持ちでない場合は・・・

  • ハンカチやティッシュに小国杉エッセンシャルオイルを1、2滴垂らして、枕元やデスクに置くとほのかにお部屋に香ります。また、オイルを垂らしたティッシュなどを鼻に直接近づけて香りを楽しみます。
    ※小国杉エッセンシャルオイルの商品をご購入の場合は、付属のデュフーザーキューブか枝の輪切りに垂らしてご利用ください。
  • マグカップに熱湯を入れ、小国杉エッセンシャルオイルを1、2滴垂らすと湯気とともにふんわり香ります。

おすすめ!ルームスプレー

おすすめ!ルームスプレー

市販のスプレーボトル(50mlの場合)に無水エタノールを5ml程度入れます。小国杉エッセンシャルオイルをお好みで10~20滴入れてよく振って下さい。
精製水を45ml加えてさらによく混ぜ合わせます。(精製水のかわりに温泉水を使うとよりなじみます)
作ったスプレーを保存する場合は遮光瓶がおすすめです。
使用前に毎回よく振りご使用ください。
※作ったスプレーは早めにご利用ください。
消臭効果も期待できますので、お部屋や車内の消臭スプレーとして使うのもおすすめです!

入浴剤

入浴剤

塩や重曹(大さじ2)に小国杉エッセンシャルオイル1~5滴混ぜてお風呂に入れます。
※一般的な家庭の浴槽(200L)に対しての分量です。塩や重層のかわりにハチミツを使うと保湿効果が期待できます。

1日の疲れを癒しつつ、リラックス効果が得られます。
また、ニキビやアトピー性皮膚炎の原因菌の繁殖が抑制される可能性があります。

小国杉エッセンシャルオイル購入

小国杉エッセンシャルオイルはインターネットでの販売も行っております。
また、各県での取扱店舗については小国町森林組合までお問い合わせください。

小国町森林組合 TEL:0967-46-2411

小国杉エッセンシャルオイル取扱店

  • 小国町/道の駅「ゆうステーション」、天狗松 裕花、木魂館、有限会社岡本とうふ店、湯けむり茶屋、ぴらみっと、KaNeL、Pホール、鍋ヶ滝、うね
  • 南小国町/花唐符
  • 熊本市/乳菓子屋
  • 福岡県/falò大濠

オンライン購入はこちら

北九州市とのつながりから始まった小国杉エッセンシャルオイル物語

小国杉エッセンシャルオイル物語

熊本県最北端に位置する「小国町」は豊かな森林に囲まれた林業の盛んな町です。環境に配慮した森づくり活動や九州でもトップクラスの品質を誇る「小国杉」を活かし、新しい木の文化を創造した町づくりを展開しています。

始まりは、北九州市との環境モデル都市連携協定でした。小国町は、豊かな森林資源を活かした環境活動を積極的に進めており、平成26年3月、政府から「環境モデル都市」に選定(北九州市は、平成20年7月に選定)されました。それを機に、両自治体が「環境モデル都市」として一層連携して取り組みを進めるため、平成26年6月に連携協定を締結しました。

小国杉エッセンシャルオイル物語

一刈美穂

「北九州市の香りを作りたい」という北九州市の想いと、「伐採後に山に放置される小国杉の枝・葉を活用したい」という小国町の想い。二つの想いが重なって、小国杉エッセンシャルオイルの開発がスタートしました。北九州市産業経済局と小国町役場産業課の協力のもと、アロマコンサルタントの一刈美穂氏(北九州市在住のアロマ空間デザイナー)、ディフューザーカバーのデザイン・販路開拓コーディネーターとしてミウラクワノパートナーシップの三浦逸朗氏、精油製造元として小国町森林組合、これらでメンバーを結成しました。

小国杉エッセンシャルオイル物語

伐採現場から葉を回収し、試行錯誤を重ね、小国杉エッセンシャルオイルの抽出に成功しました。一刈美穂さんプロデュースのもと、小国杉をベースに、小国の森をイメージさせるオリジナルブレンドオイルも誕生しました。

2016年の4月、小国杉エッセンシャルオイルとブレンドオイルをついに販売開始。販売開始からすぐ、熊本震災が起こりました。小国杉エッセンシャルオイルも被災した方の心身の負担を少しでもサポートができればと、小国町をはじめ被災地へ届けました。被災した方からは、「香りを嗅ぐとリラックスできた」「消臭スプレーとして使ってみたらよかったです」などたくさんの声をいただくことができました。

小国杉の香りをたくさんの人に楽しんだいただくため、これからも、100%天然のエッセンシャルオイルにこだわり手間暇かけ作り続けていきます。

一刈美穂さんプロフィール

アロマ空間デザイン事務所「AROMA-DIRECTION」代表。
1996年、東京在住中に当時日本唯一のアロマテラピースクールにてアロマの第一人者、故・栗崎小太郎氏に師事。百貨店(博多阪急、小倉井筒屋など)、病院、介護施設、ゴルフ場、飲食店、オフィス等にAROMA-DIRECTIONオリジナルの香りを調合する「アロマ空間デザイン」事業を展開。

  • エアーステーションひびき FM88.2
    一刈美穂のWakuWakuな時間」ラジオパーソナリティー(毎月第4火曜15:00~16:00)
  • 西日本リビング新聞社webサイトにて「アロマ日和」コラム執筆。
  • その他、アロマに関する講演会、セミナー、商品開発等、幅広く活動中。