阿蘇小国杉のくらし

阿蘇小国杉のくらし

メニューを開くメニューを閉じる

ASO OGUNI-SUGI LAB

Delivering forests protected for 250 years

 

 

 

ASO OGUNI-SUGI LABコンセプト/

阿蘇小国杉を次世代に伝える、サステナブルプロダクト研究所

自然の中で生きる力

九州北部の中央、阿蘇山の裾野に広がる熊本県小国町。そこは、江戸時代から【小国杉】を幾世代もの人々が育ててきた、林業の文化が息づく森の国です。地域の約78%は、淡い桃色が美しく、密度の高い良質な木材がとれる森林が広がっています。

その土地に深く根ざし、阿蘇小国の森を守り育ててきた小国町森林組合が、森を届けるプロダクトブランド【ASO OGUNI-SUGI LAB】を立ち上げました。プロダクトは[木の雑貨]や[森のアロマ]を中心に、[薪]や[丸太]といった、地域の日々のくらしでも使われている燃料や端材など、より自然に近い素材で構成。格好良いだけではない、自然の中で生きる力を軸にした【森の価値】を提案します。

環境を循環させるものづくり

その根底にあるのは、激甚化してきた災害や時代の新たな局面にも委縮せず、自然と共存する阿蘇の力強さ、そこに暮らす人々の人間力、培われた職人の技を継承していこうという願い。小さな町が長きに渡り推進してきた[木育]や[カーボン・オフセット]といったSDGsの精神を守りながら、環境にも人にもより良い循環を生み出すものづくりやまちづくり、サステナブルなチャレンジを重ね、次世代に森をつなぎます。

木材という土に還る資源や、未知数の森の素材を活用すること。職人や福祉・デザイナーなど産地との対等なパートナーシップを築くこと。つくる責任、つかう責任を果たすこと。豊かな未来を目指すものづくりに賛同頂ける方はご相談ください。

 

 

 

Instagram

 

お問い合わせはこちら

小国町森林組合 TEL:0967-46-2411
(受付/平日9:00~17:00)