阿蘇小国杉のくらし

阿蘇小国杉のくらし

メニューを開くメニューを閉じる

採用情報2023-2024

  • HOME
  • 採用情報2023-2024

250年続く森づくりを
次世代につなぐ仲間を探しています

私たちは、阿蘇小国の森を守り育てる林業家の協同組合です。森を育み、地域の水と空気、そして大地を守りながら、木材を生産する「林業」という産業に携わっています。

事業内容は多岐に渡り、組合員(森林所有者)と相談しながら作る森林経営プランを元に、苗木を植えて森をつくる育成管理、大きく育った樹木の伐採ならびに市場での販売、原木丸太を建材や木製品などに加工しての販売、森林の管理や相続に必要な境界を確定する地籍調査など、山や森にまつわるあらゆる業務に携わります。

小国町森林組合では、九州が誇るブランド材・小国杉を産出し、この阿蘇という恵まれた環境を次世代につなぐため、自然の中で共に働く仲間を募集しています。

 

小国町森林組合とは

 

 

 

 

2023年度採用者 募集内容

市場

市場


市場整理係(現業職員)|1名

小国エリア一帯から原木市場に集積する丸太を、フォークリフト等を使って整理する業務です。入荷してきた様々な性質の丸太は、最初に選別機という機械に通され、長さや直径、色味や曲がりごとに自動選別されます。それらを等級ごとにひと山ずつ配置し、月に2回開催される共販市場で買い付け業者が品定めしやすいように揃えます。リフトを自分の手先のように操り、お客様が買いやすいように商品を大切に陳列する、管理と品出しのプロです。

【具体的な業務】
・丸太の椪積み(フォークリフトでの丸太の運搬整理)
・事務職担当と連携しての丸太の入出荷管理等

【勤務地】
小国町中心部にある若宮共販所(原木市場)での勤務が主となります。

【必要資格など】
・経験は不問。採用と共にフォークリフト運転技能講習に参加の上、免許を取得頂きます。
・年齢は原則不問。45歳以下を歓迎します。

保育

保育


保育林産係(現業職員)|若干名

小国エリアの人工林(約7,800ha)に育つ、小国杉等の育成や木材の生産に関わる現場業務です。木を伐り、小さな丸太に分割し、山の外へ運び出す一連の作業を、専用の林業機械を使って行います。苗木の植樹やその成長を促すための草刈りなども行い、次世代につなぐ森づくりの最前線を担います。

【具体的な業務】
・立木の伐採(チェーンソーや林業機械を使用しての収穫)
・丸太の搬出(運搬車両で山林内の土場に集積)
・伐採跡地への苗木の植栽
・苗木の育成のための下草刈り(刈払い機を使用しての草刈)
・作業道の整備(丸太を搬出するための道を重機で造成)
・雨天時の薪やトーチの製造等

【勤務地】
昼食や休憩も含め、1日の殆どを町内山林の中で過ごします。イメージはこちらの動画をご覧ください。

【必要資格など】
・経験は不問。初心者に向けた3年間の「緑の雇用研修制度」があり、技術を身につけながら安心して働くことができます。
・基本装備の支給があります。
・山の神の日には安全講習会を受講し、危機管理や技術について常に学びを深めます。
・年齢は原則不問。後継者育成のため40歳以下を歓迎します。

保育

保育


一般事務職|若干名

健やかな森づくりを継続していくため、必要な調査や事務全般を担当します。組合員である山主の意向を汲みながら、育った木をいつ伐るか、次は何を植えるかといった林業のプランを一緒に考えます。また、山主に代わって、現場で伐採や植樹を行う作業者への発注指示、伐採された原木をランクごとに仕分けての販売、それらに伴う書類の作成や補助金申請など、多岐に渡る業務を代行します。森林という資産の経営管理に特化したプランナーといえます。

【具体的な業務】
・原木市場に入荷してきた丸太の検収管理
・月に2回の原木市場の開催と販売
・山主との森林経営計画(管理プラン)の作成
・測量機器等を用いての森林調査
・行政への補助金申請や、発注・請求などの事務処理
・現場作業者が安全に働けるための保険や講習等のサポート

【勤務地】
事務所でのデスクワークを中心に、町内山林や原木市場を行き来しながら業務を行います。

【必要資格など】
・経験は不問。パソコン(エクセル、ワード、メールなど)やGIS調査機器などの簡単な基本操作を習得頂きます。
・年齢は原則不問。後継者育成のため35歳以下を歓迎します。

 

労働条件

雇用形態:正職員
勤務地:小国町内
勤務時間:8:00~17:00(部署により7:30集合)、昼休憩12:00~13:00 必要資格:普通自動車免許 ※AT限定不可
採用試験:現業職員は面接のみ、一般事務は筆記試験と面接(日程は応相談)
採用時期:決定後即採用 試用期間3ヶ月間以内

・事前の職場見学や職場体験もご相談下さい。保育林産班業務については、日当支給でのトライアル雇用(1泊2日)の受入れも可能です。ご希望の方はお問い合わせ下さい。

待遇

給  与:月給制 初任給(基本給)140,000円/155,000円
     定期賞与年2回 定期昇給年1回
手  当:扶養手当、住宅手当(2万円上限の半額)、通勤手当(5km以上)、残業手当(実質残業は殆どなし)
休  日:日曜、祭日、夏季休暇、年末休暇、有給休暇、特別休暇
     ※現業職員は年間変形労働制(労働日数272日)
各種制度:福利厚生、社会保険、雇用保険、厚生年金、退職金制度

応募・問い合わせ先

履歴書を下記担当まで郵送またはご持参ください。
先着順に面接を行い、定員達し次第〆切となります。

〒869-2501 熊本県阿蘇郡小国町宮原1802-1
小国町森林組合 総務課
担当:穴井
TEL:0967-46-2411 (土日祝除く8:00-17:00営業)
お問い合わせフォームからのご連絡もお待ちしています。

 

 

 

 

 

職場環境

林業というと特殊な産業のようにみえますが、仕事の流れはとてもシンプル。スタッフは、クライアントでもある株主(山主)の要望に応じて財産を調査(地籍調査やモニタリング)し、管理プランを提案(木の管理や伐採)します。その財産から出た商材(原木丸太)を厳選することでより高く販売(共販市場を開催)し、株主に利益を多く還元できるよう努めます。そこで得た手数料で、別事業部では自社製品(建材や木製品、アロマオイル等)を企画開発し、小国杉の販促やブランディングなどを行います。現場ごとの特殊性、専門性は高いですが、流れは通常の会社員と変わらず、多くのスタッフが初心者から学んでいます。特殊免許や資格取得も応援します。

職員の構成

・年齢層は20代から50代まで幅広く、30代が多めです。
・地域に精通した地元出身者だけでなく町外からの移住者も増えています。
・現場職員、事務職員ともに、林業の知識を持たずに初心者からスタートした職員が殆どです。元々林業の現場で働いていた、学生時代に林業を学んできたといった人材も一部おり、歓迎されます。
・中途採用者も多く、料理人、ホテル勤務、行政事務、特殊伐採作業者、半導体関係、営業職など様々な社会を経験してきた人材が揃っています。
・転職理由は「Uターンしたかった」「引っ越してきて仕事を探していた」「小国町に惹かれた」「自然の中で働きたかった」「林業に関心があった」など様々です。
・現場作業が多いため男性職員の比率が高めですが、女性職員の発言力がどうやら大きいという評判です。

勤務状況

・朝は8:00スタートと早めですが、夕方はほぼ定時に退勤できるため、規則正しい生活を送りやすい職場です。休日出勤や持ち帰りの仕事なども原則ありません。
・退勤後は社会人サークルに参加、子どもの習い事の送迎、温泉を楽しむなど、それぞれが自分の時間を充実させています。部活のコーチを務めるといった地域貢献活動や、副業に従事することも可能です。
・子育て中など家族のケアが必要な職員も多く、家庭の都合や地域行事の参加などにも理解があり、有給休暇や時間休などの制度が活用しやすい環境が育まれています。
・職員の体調や家庭の状況を尊重し、欠員時もお互いにサポートできるよう、各課のバランスをみて体制が構築されています。
・働く職員が仕事も自身の生活もどちらも大切にしていけるよう、新しい制度にも柔軟に応じています。

 

 

 

暮らしのサポート

町外からの移住をご検討中の方には、地域の情報や、住まいや空き家バンクなどを紹介してくれる移住相談所【阿蘇・小国暮らしの窓口】があります。下記WEBサイトから「森林組合のWEBを見た」とお気軽にお問合せください。
買い物などの生活環境、教育、医療など、小国町のリアルな生活はこちらの動画からご覧いただけます。

町のディープな情報満載!名物パンフレット【阿蘇小国町!!!】のダウンロードは小国町公式サイトからどうぞ

 

 

 

私たちの仕事

Instagram #asooguniforestworker
新人フォレストワーカーの活動記録

 

お問い合わせはこちら

小国町森林組合 TEL:0967-46-2411
(受付/平日9:00~17:00)