阿蘇小国杉のくらし

阿蘇小国杉のくらし

メニューを開くメニューを閉じる

暮らしインタビュー

小国杉がもたらす心地よい暮らし福岡県 Yさん

小国杉の家がもたらす心地よい暮らし

今の自宅は中古一戸建てを購入し、リノベーションしたものです。
小国杉は床や天井、棚に取り入れています。
今までは賃貸で暮らしてきたのですが、固かったり、妙に柔らかかったりする床が多かったように感じます。
その点小国杉は、固すぎず、柔らかすぎず、心地よい踏み心地です。
子どもたちも床の上にゴロンと寝そべる姿を見せてくれます。

また賃貸の頃は、梅雨などの湿度が高いときに床が湿気を帯び、ペタペタしていることがありました。
今はそれがなく、一年中サラリとして快適なのが嬉しいです。
無垢材の床なので、普段の生活の中で傷ができることもありますが、どんどん愛着が増しています。
これから先もこの家で暮らしながら、この床と思い出を重ねていくのが楽しみです。

無垢の木に触れながら暮らす
無垢の木に触れながら暮らすがテーマのリノベーション

小国杉の床
リビング

キッチン・ダイニング
キッチン周り

ランドリールーム
ランドリールーム

前のページに戻る