阿蘇小国杉のくらし

阿蘇小国杉のくらし

メニューを開くメニューを閉じる

私たちの取り組み

  • HOME
  • 私たちの取り組み

森林組合は、森を育て、守り、後世につなぐことで、
地域を、暮らしを支えています。

小国町森林組合

森林の管理

サービス業や同じ第一次産業である農業よりもはるかにGDPが低く、高齢化が進んでいる林業。
しかし一方で、木の良さを見直し、国産材の自給率を上げようという国をあげての動きや、地方での暮らしが注目され始めたことにより、地方に移り住み、林業を生業とする若手が現れるなど、伸びしろの大きい、宝の隠された産業とも言われています。

林業は、単に木材を生産するだけではありません。
地域経済を活性化させ、雇用を創出する。
きれいな空気と豊かな水を生み出す。
土砂災害を防ぎ、地域の防災に貢献する。
林業を守ることは、わたしたちの暮らしを守ることにもつながります。

雨水を受け止める緑のダムを育てます

森林は、雨水を受け止め、少しずつ地中深くに浸透させて保水し、川の源流を生み出します。大雨の時も天然のダムとして、雨水が一気に都市へ流れ落ちるのを防いでくれます。

土砂崩れなどから地域を守ります

きちんと管理された森は木の根がしっかりと大地に張り巡らされ、土砂崩れなどが起きにくい、災害に強い土地になると言われています。

酸素を生み、空気を浄化します

木は成長するときに二酸化炭素を吸って、酸素を生み出します。新鮮な酸素の宝庫である森は、地球温暖化の防止にも一役買っています。

豊かな土地と豊かな海を育む、豊かな森林をつくります

適切に手入れがされている森からは、川の流れにのって、あらゆる生き物にとって大切な養分やミネラルが下流まで流れていきます。
その養分やミネラルがたっぷりと含まれた腐葉土を使うと、野菜が美味しく育つと農家さんが言います。
森の手入れが行き届かず、放置されてしまうと、山が荒れていきます。
山が荒れると、その下流にある海で、魚が獲れにくくなるため、漁師さんが森づくりに励む地域があります。
そして、森は、都市を災害から守り、住まいを建てる木材や、木製品、日々使っている紙などを生み出してくれます。
農業、水産業、都市での暮らし、全ての根っこは森にあるのかもしれません。