阿蘇小国杉のくらし

阿蘇小国杉のくらし

メニューを開くメニューを閉じる

建築士に聞く小国杉のいいところ たねもしかけも様

暮らしに根付く小国杉の良さ。
建築に向く「木の粘り」が魅力。
たねもしかけも 建築士 川嵜義彦さん

IMG_4718

たねもしかけも 建築士 川嵜義彦さん

町の人々に根付く小国杉の魅力

私は福岡県の生まれですが、大学時代から沖縄で過ごし、卒業後は沖縄、そしてインドで建築の仕事に携わってきました。
そして、2014年に活動拠点を小国町に移し、2016年に独立。小国町で建築設計・施工全般をする事務所を構えました。

小国町に住むと、地元の方々に小国杉の良さが根付いていることに気づきます。皆さん「小国杉は木目がきれいだからね」なんて言葉をさらっと口にするんです。
林業や建築のプロでなくても、暮らしの中で自然と感じ取ることができる良さが小国杉にはあるのだと思います。

優れた粘りと気持ちのよい手触り。
コスト面の安定も魅力のひとつ。

私はメイド・イン・ローカルを理念としているため、新築戸建、リノベーション、家具、プロダクトなど様々なものに小国杉を使用しています。
家づくりでは小国杉の柔らかくて気持ちのよい手触りをいかして、床材や、戸、障子など建具に用いることが多いです。

小国杉は油艶があり、木造の最大の魅力である「粘り」の性能が特に優れているように感じます。粘りがあると、よくしなり、折れにくいので、安心して住居に使うことができます。
また生産と流通が安定しているため、価格が変動しにくく、コスト面が把握しやすいのもよいですね。

今後は、地域の風景である小国杉の森林からコンパクトなサイクルで、設計・生産・流通といった地域型建築の生産ネットワークを形成出来ればと思っています。
また、美しい色味のものは当然ですが、根元の曲がったものや、色の濃いものなど、今までの建築現場ではちょっと煙たがられてきたものも使ってみたいです。

小国杉エッセンシャルオイルの蒸留施設「ASO OGUNI-SUGI LAB」のリノベーション

小国杉エッセンシャルオイルの工房
「ASO OGUNI-SUGI LAB」のリノベーション

公開工房「FABLAB」のリノベーション

公開工房「FABLAB Oguni β」のリノベーション

たねもしかけも

https://tanemoshikakemo.com/
TEL:080-2732-9655
熊本県阿蘇郡小国町北里1362

前のページに戻る