阿蘇小国杉のくらし

阿蘇小国杉のくらし

メニューを開くメニューを閉じる

イマオグ今小国杉がアツイ

  • HOME
  • イマオグ~今小国杉がアツイ~

原木丸太をスマホで入札買付!電子入札アプリ【Platio】を全国に先駆け採用!

Date:2022年10月17日

この度、小国町森林組合はIT企業アステリアと連携し、木材市場での買い付けに使用できる電子入札アプリを開発。10/17より運用を開始しました。

アステリア株式会社 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000285.000010008.html

 

 

従来の木材の買い付けは手書きの紙入札で行われ、終了後に職員がPCに手入力で価格を打ち込み、精算処理や市況を作成するなど、アナログでの対応が多いものでした。

アプリ作成ソフトPlatioを活用した入札アプリは、買い付け業者が自分のスマホに希望購入価格を入力すると、クラウド上に入札価格が集まり、売り子のスマホに最高値が自動表示され落札できる仕組みです。1回の市場で1000枚の紙を削減し、業務時間も月15時間の短縮を図ることができます。

このアプリは当組合で導入して終わりではなく、県下をはじめ九州圏内など広域の流通業者にも導入頂くことで、買い付け業者の皆様がどこの市場に行っても同じ操作でお使い頂けるものになればと考えています。ブラッシュアップを進め、国産木材流通のDXを現場から推進して参ります。

 


また、全国に先駆けての取り組みということで、地元メディアから日本経済新聞社が提供するWEBメディアまで、多くの媒体様に取り上げて頂きました。ご取材ありがとうございました!

KAB熊本朝日放送 2022.10.17
https://www.kab.co.jp/news/?NewsData=202210175768.php&path=video/202210175768.mp4&mode=1

熊本日日新聞 2022.10.18
https://kumanichi.com/articles/826840

西日本新聞 2022.10.20
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/1003308.amp

NIKKEI Tech Foresight 2022.10.25
https://www.nikkei.com/prime/tech-foresight/article/DGXZQOUC192W70Z11C22A0000000

 

(株)Circulifeと業務提携を締結、小国杉の糸をリリースしました

Date:2022年07月29日

2022.7.29【小国杉の糸】をリリース致しました。

 

木から生み出される木質の糸・木糸(もくいと)。土に還る自然素材の布として平成の時代に開発され、SDGsへの意識が高まる今、改めて注目されている素材です。

その技術により、この度小国杉からタオルと手ぬぐいが完成。生地は通常のタオルなどと比べても遜色なく、やわらかさとハリを兼ね備えたしなやかな質感です。

小国の森から生まれた初めての布は、まずは生産者である山主の皆さんに受け取って頂きたく、7月末の総代会に参加の森林組合員の方々に配布致しました。

 

 

木糸の製造コーディネートは、熊本発のベンチャー企業・株式会社Circulife。当組合とは業務提携を締結頂き、小国杉材の供給や販路開拓などにおいて協力して事業を進めていきます。

木糸を使ったシャツやバッグ、寝具カバーなどの商品化の他、ハンカチやブックカバーなどのノベルティ量産体制も構築できています。木材との相性も良く、施設やテナントのフラッグ、建築用のクロスなどの内装利用や、ファブリックとして家具と掛け合わせることも可能です。

私たちは木と生きていく選択肢を増やすことで、森を次世代につないでいく追い風になればと考えています。環境負荷を軽減するアクションとして、木糸で形にしたいことがあればぜひお気軽にお声かけください。

小国杉木糸プレスリリース_220722

記者説明会にお越し頂いたメディア各社様、ありがとうございました!

 

JForest×NAKATA HANGERコラボ木製ハンガー、クラウドファンディング5/1開始!

Date:2022年05月01日

 

小国杉の国産ハンガーが誕生です。
日本全国の森林経営や森林保全を担うJ-Forest(全国森林組合連合会)と、NAKATA HANGERがコラボした、日本のスギを活用した木製ハンガーのクラウドファンディングがスタートしました。

NAKATA HANGERは、大手ネットショッピングサイトのテレビCMに登場したことでも有名な、国内唯一の木製ハンガー専門メーカー。手作業で削り仕上げる美しいハンガーは、匠の品として評価され、様々なアパレルブランドにて採用されています。
https://www.nakatahanger.com

日本に多く育つサステナブルな素材・スギを、木製ハンガーという形であなたのクローゼットに。そんなメッセージを届ける今回のチャレンジに、材料として使用されているのが熊本小国杉です。SDGs未来都市で生まれ育つ、粘りある美しい木材として採用頂きました。

クラウドファンディングはこちらから。
6月15日までのチャレンジとなりますので、是非お早めにチェック下さい。
https://camp-fire.jp/projects/view/559322

 

 

PATRICKから林業をテーマとしたシューズ【MORINOKUTSU】4/1発売!

Date:2022年04月01日

木こりや林業をテーマに作られた靴・「MORINOKUTSU」が4/1販売開始です。

 

1892年、フランスで誕生したシューズブランド・パトリック。人間たちの活動の痕跡が地球の表面を覆い尽くした「人新生」と呼ばれるこの時代に、靴を通して伝えられるサスティナブルとは何かというテーマから、今回2つの靴が生まれました。

一つは、東北の漁師集団・フィッシャーマンズリーグと作りあげた「UMINOKUTSU(海の靴)」。海にいる魚の数よりも海洋ゴミの数が上回ろうとしている現状と、そのゴミを生み出している人間自身の活動を今一度見つめ直すことを訴えかけます。
もう一つは、小国町森林組合と作りあげた「MORINOKUTSU(森の靴)」。かつて人々が使うために植えた木々が忘れ去られ、今や痩せ細った弱々しい木が密集する森が増えている。薄暗い死の森になってしまう前に、人が再び森に入って木を使おうという声を伝えます。

 

 

森の靴のカラーバリエーションは、四季によって変わる森の無限の色に、防護服のオレンジ色を入れた森の迷彩。そして森の中の澄んだ空気を表したグレー。売上の一部は森や海を守る活動に使われます。
パトリックと共に社会に届ける、靴という形で表現した森のメッセージです。ぜひ公式サイトから特別対談をご覧ください。
https://patrick.jp/blogs/feature/tagged/what-we-can-do

 

 

 

また、その発売を記念して、地元・熊本小国町で、写真家・下村司さんの写真展と、トークイベントが開催されます。
自分たちの何気ない日常と、それをひっそりと支えている森や自然。目にはいつも映っているのに、当たり前すぎて心には映ってはいないかもしれないその存在を、写真やデザインで表現し、感じるきっかけを作る機会です。ゴールデンウィークには是非、会場にお立ち寄り下さい。
最終日5/8(日)の14時からは、クロージングとしてトークイベントを開催。Instagramにてライブ配信予定です。
フォレストワーカーや写真家、デザイナーたちが集まり、自分たちを支える大切なものを伝えることについて、ゆるやかに語ります。是非ご覧下さい。

 

 

シリーズ 森と共に生きていく
写真展「木と写真とデザインと」
4/22(金)〜5/8(日)
会場:縁屋
入場料:ドリンクや軽食などご注文下さい
営業時間:11:00-19:00
定休日:火曜
※都合により急なお休みとなる場合もあります。詳しくは縁屋まで直接お問い合わせ下さい

5/8インスタライブはこちらから
https://www.instagram.com/asoogunisugilab/

 

終了後、5/9〜5/21は、お隣・南小国町の未来づくり拠点MOGにてリレー開催となります。こちらも是非ご覧下さい。

 

#PATRICK
#PONO
#YoshikiIzawa
#TsukasaShimomura

2022年採用情報を公開しました!(先着順採用)

Date:2022年03月22日


  
小国町森林組合では、一緒に働く仲間(正職員)を 募集しています。
希望される方は、履歴書を森林組合事務所まで持参または 郵送してください。

詳細は、採用情報のページをご確認ください。
採用情報2022春 | 阿蘇小国杉のくらし | 小国町森林組合 (ogunisugi.com)

\2021年度採用はマイナビ農業にも掲載されました!/
ズバ抜けた発想力&行動力に惹かれる若手Forester増加中!2021年度【林業担い手】募集スタート@阿蘇 (mynavi.jp)

■お問合せ先
小国町森林組合 (穴井)
869-2501 熊本県阿蘇郡小国町宮原1802-1
0967-46-2411

 
写真提供:WOOD JOY OGUNI 2020製作実行委員会