阿蘇小国杉のくらし

阿蘇小国杉のくらし

メニューを開くメニューを閉じる

木材(建材・原木)のご購入

小さな森の国で250年守り続けた
大切な杉の木を、おすそわけしています。

小国町森林組合

小国町は山間高冷地帯のため、九州でありながら、夏は涼しく、冬はマイナス10℃の厳しい寒さが訪れます。
この寒暖の差が、木目の詰まった、比重の高い丈夫な小国杉をじっくり育ててくれます。
また、山の傾斜がなだらかで高低差が少ないため、木の性質が揃いやすく、使いやすい木材に仕上がります。

地域に根ざし、小国杉を知り尽くした、小国町森林組合と地元製材所が連携し、
安心・安全かつ、産地直送ならではの小国杉製品をお届けします。
設計・施工・デザイナー等の業者さまはもちろん、個人さまもお気軽にお問合せください。

建材・原木ラインナップ

小国杉性能データはこちら

サステナブルな森づくりの証【SGEC認証】を取得

SGEC認証

小国町森林組合は、適正な森林管理と環境に配慮した森づくりを行っている証明である【SGEC】と、同じく適正な流通を行っている証明【SGEC-CoC】を全国でも2番目に取得しています。SGECはいわば森林のISOとも呼ばれる第三者認証で、厳しい審査と更新手続きを経て得られるものです。
消費者のみなさまに安心して木材を使ってもらうためにも、持続可能な森林管理を行うためにも、その需要はますます高まっています。

透明性の高い流通ルートで品質を管理

木材トレーサビリティシステム

小国町の山林の多くが、小国町森林組合が管理を行う【SGEC】認証森林であるため、小国町の林業そのものが、環境に配慮された持続可能なシステムの元で行われているといえます。また、原木供給元である小国町森林組合と、製材所や合板工場などの製造元が【SGEC】をそれぞれ取得することで、より安心してお使い頂ける製品づくりを実現する連携体制を構築しています。

つまり、山で伐られた木材がお客様の手元に届くまでの流通経路がクリアで、公正なルートとして追跡可能。食べ物のトレーサビリティのように、産地や生産者を選べる安心感は、どこでもできることではありません。

木材トレーサビリティシステム

 

データの見える木材【AromaWood®】の提供

SGEC認証

人のココロとカラダを癒す素材として、感覚的に「良い」と言われている木材。小国杉の持つチカラを感覚だけでなく、裏付けを元にお伝えできるサービスとして、誰よりも森を知る小国町森林組合が【AromaWood®】の提供を開始しました。

【AromaWood®】は、小国杉の持つ香りや揮発する成分などの分析を、国立九州大学農学研究院と小国町森林組合が独自に行い、建材に付加した、データの見える木材です。

森林組合と提携し、小国杉材をお取扱い頂ける建築関係者様には、お施主様へのご提案の力添えになるような小国杉材の研究分析データなどを整備し、パートナー企業として優先的に情報提供させて頂きます。

お問い合わせはこちら

小国町森林組合 TEL:0967-46-2411
(受付/平日9:00~17:00)